たまらんだろうなあ!

NHKの朝ドラ、「エール」のお話です。

いよいよ、早稲田の応援歌「紺碧の空」が、明日出来上がるのではないでしょうか。

ドラマの中で初めて、古関裕而が作曲した曲が聞けるのかもしれません。

それにしても、早稲田大学OBの皆さんはたまらないでしょうね。わが母校の応援団の歌が出来上がるエピソードが紹介されるのですから。

詩はどなたが書いたか知りませんが、今日まで早稲田の応援歌として歌い続けれれているのですから。